ニキビ

ニキビの芯は取るのが正解?跡を残さない為の注意点

ニキビの芯は取った方がいい?

ニキビに悩む人がついついやってしまうのが「潰す」こと。

潰すと良くないとは聞くけど、目立ってしまうニキビが憎いし、どうしてもプクっと膨れているのは潰したくなってしまいますよね。

そしてニキビを潰してしまう心理の一つとして「芯を取れば治る」という迷信もあるからだと思います。

潰すなと言われたり、芯を取れば治ると言われたり、「どっちにすりゃいいんだよ」と言いたい人に向けてこの記事では以下の事について書いています。

  • そもそも「芯」の正体は何なのか
  • ニキビの芯は取った方いい?
  • 跡が残らないのか

この3つのポイントについて個人の経験談も含めながら書いていきます。

ニキビの芯の正体

ニキビに悩み、よく潰す人であれば恐らく見た事があるであろう「」。

気合を入れてニキビを絞り出すと中からビュッと白い塊が出てくる事があります。

私はよく「お前が犯人か~」と思いながらアイツを眺めていました(笑)

あの憎い芯の正体は角栓(皮脂の塊)です。

角栓が毛穴を詰まらせ、その下で皮脂やアクネ菌が増殖した結果、炎症を起こしてニキビになってしまいます。

ニキビの種類

ニキビと一言にいっても種類は大きく分けて3つに分類されます。

それぞれ見ていきましょう。

白ニキビ

ニキビの初期症状として知られる白ニキビ。

赤みが無く、痛みも特に感じない事が多く、そこまで目立たないのが救いです。

この時にも潰すと液体状の皮脂と共に小さい角栓(芯)が出てくる事もありますね。

赤ニキビ

痛みを伴い、赤く腫れるので目立ってしまう厄介者の赤ニキビ。

白ニキビから進行すると、この赤ニキビになります。

詰まった毛穴の下で皮脂とアクネ菌が繁殖し、まさに炎症を起こしている状態。

痛いし目立つしで最悪なんですよね(泣)

黄ニキビ

赤ニキビがしばらくすると膿が出てきて黄色っぽくなる黄ニキビ。

腫れている上に、表面は膿で黄色っぽくなっているので見た目的には最悪です。

膿が出る原因は、赤ニキビの時に起きた炎症を沈めようと白血球が菌と戦っい、その時に発生した残骸と言われています。

そして個人的な経験ではこの黄ニキビの時に潰すと高確率でデカい芯が収穫できます。

白ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビと年季の入ったニキビなので芯も中で大きく成長しています。

 

芯の正体と、ニキビの種類・進行を知ったところで、芯の処理について知っておきましょう。

ニキビの芯は取った方がいい?

黄ニキビになると潰して芯を取ってしまう人は多いと思いますが、実際の所芯を取るのは良い事なのでしょうか?

「芯を取れば早く治る」とも言われていますし、その辺が気になりますよね。

触らないのがベスト

ニキビの芯は取るか取らないか。答えとしてはやはり触らないのがベストと言われています。

つまり取らない!

無理に潰すと肌のダメージが大きく、跡が残ってしまう可能性がある事が一番の理由です。

不潔な手や爪で触ると治りが遅くなるのも触らない方がいい理由の一つです。

無意識に爪を立てて近くの肌を傷つけ、そこに新しいニキビができる悪循環も招きかねません。

皮膚科によっては潰す治療もある

これは私の実体験ではないのですが、皮膚科によってはあえて潰す治療もあるそうです。

針で小さな穴を開け、そこから中身を絞り出すという治療法もあるみたいです。

私も体験した事がないのであーだこーだ言えないのですが、効果があったという人と、全然治らなかったという人の意見が分かれているので、全員に適しているという訳ではないみたいですね。

治るのは早い?

治りが早いかどうかも人によって違うようで、一概に正解は分からないようです。

ですが私の経験上では芯は取った方が治りは早い気がします。

でも完全に芯を出し切らないと、結局赤く腫れてしまいます。

後述しますが、黄ニキビになってから芯を取り除くのが個人的には効果的でした。

跡は残らない?

潰す場合は時期が大事(経験談あり)

触らない方がいいとは言ってもどうしても潰したくなっちゃいますよね。

その気持ち分かります。

 

どうしても我慢出来ない時は赤ニキビのタイミングは我慢しましょう。

赤ニキビは炎症している真っ最中で痛みが強い上に触ると跡が残りやすくなると言われています。

そして私の経験上、赤ニキビの時は潰してもなかなか芯が出てこない!血がでてますます悪化する気がします。

やはり触らないのがベストですが、もし我慢できない人は赤ニキビから黄ニキビになるまで我慢した方がいいでしょう。

 

私は初期の白ニキビは躊躇せず潰し、赤ニキビは触らない。黄ニキビになったら潰して芯を出す!

みたいな事をやっていました。

どちらにせよ潰すのはタブーなので赤い跡が少しの間残りましたが、凸凹になる事はなく、しばらくしたら跡も消えています。

 

やはり赤ニキビの時にムキになって潰さなかったのが跡が残らなかった勝因なのかなと思います。

でもあくまで潰すのはオススメしないので、あくまで個人的な体験談です。

ニキビじゃなくて粉瘤の可能性も?

大きなニキビができたと萎えていても、実はそれはニキビじゃなくて粉瘤の可能性もあります。

はてな

粉瘤は肌の角質や皮脂がターンオーバーによって落とされず、皮膚の下に溜まってしまう状態です。

老廃物が蓄積されて膨れてくるので、ニキビとは異なります。

ニキビと粉瘤の見分け方

粉瘤も肌が腫れてくるので、分からなければニキビと勘違いされる事もあります。

見分けかたとしては以下のような要素があります。

できる箇所と大きさ

ニキビは皮脂が多い場所にできるので、顔や背中に出来ます。大きさは大きくても米粒程でしょう。

粉瘤は皮脂量に関係なく全身に出てくる可能性があり、サイズもニキビと比べると大きくなりやすいです。

徐々に大きくなってくるようであれば早めに病院を受診しましょう。

臭い

ニキビは無臭なのに対し、粉瘤は悪臭を放ちます。

老廃物がものなので、ニオイでの判別の仕方はおおきなヒントになるでしょう。

自然治癒が難しい

ニキビはほっとけば治りますが、粉瘤は自然治癒では完治しないと言われています。

あまりに大きくなってしまうと手術が必要な場合も出てくるという事で早めの病院受診をしましょう。

まとめ

後半の粉瘤は余談でしたが、この記事のまとめとしては以下の通りです。

  • ニキビの芯は角栓
  • ニキビを芯は取らない(触らない)方がいい
  • 個人的には黄ニキビになったら芯を取った方が治りは早かった。
  • 粉瘤の可能性も覚えておこう

 

個人の体験談も交えて書いてきましたが、私は顔中ニキビができていた訳ではなく、主に鼻と口の周りに定期的に大きいのができていました。

数的にも私よりも多くて悩んでいる人も多いと思うので、そんな人はやはり潰さずに皮膚科へ受診するのが一番かと思います。

また、自分に適したニキビ薬や洗顔料を探して、今までのモノと変えてみるのも一つの手です。

-ニキビ

Copyright© ビューティーポリッシュ , 2020 All Rights Reserved.