ニキビ

そのニキビは顔ダニが原因かも!対策方法4選

ニキビの原因になる顔ダニに注意

男女問わず思春期から大人に掛けて大きな悩みの種になるのがニキビ

背中やお尻にもできたりしますが、やはり一番嫌なのは顔ですよね。

美の天敵とも言えるニキビですが、顔に住むダニが影響しているニキビもあるって知ってますか?

「顔にダニが住む」という考えたくもない状況ですが、実は顔とダニは切っても切り離せない関係なんです(泣)

  • 顔に住むダニとは一体なんなのか。
  • ダニが原因でニキビができる場合がある。
  • 対策方法

以上のポイントをそれぞれ解説して行きます。

顔ダニ、ニキビダニとは

ほとんどの人間の顔に寄生している

乳幼児は顔ダニがいないと言われていますが、ある程度成長するとほぼ全員の顔に目に見えない小さなダニが住み始めます。

いざ鏡で顔を凝視しても見えないはずです。だってこのダニは0.2ミリくらいとかなり小さい上に、透明という憎たらしい特徴があるのです。

こいつは毛包虫といい、通称顔ダニニキビダニと呼ばれています。

王子さまのようなイケメンも、天使のような可愛い彼女にも顔にこのダニがいます(絶望)

皮脂や角質を食べている

ポイント

顔ダニは顔以外の部位にはほとんど生息しない事も特徴で、特に皮脂の分泌が多い額や鼻などに多く寄生していると言われています。

というのも顔ダニは皮脂や角質を食べて生きており、他にも化粧の油分なんかも奴らのエサになってしまいます。

皮脂が出やすい夏に注意

皮脂を食べながら顔に寄生している顔ダニは夏に繁殖しやすいといわれ、様々な肌トラブルの原因になる可能性があります。

誰にでも寄生しているので、健康で肌に問題がない人は特別気にする必要はないのですが、これから説明するニキビの原因になり得る顔ダニの影響はしっかりチェックしてください。

そのニキビは顔ダニのせいかも

顔ダニが増えすぎてしまうとニキビの原因になる事もあります。

ニキビの原因

ニキビの原因といえば皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まり炎症を起こすイメージが一般的だと思います。

これに対して顔ダニが原因のニキビは、繁殖して増えすぎてしまったダニの死骸や抜け殻が毛穴に詰まり、炎症を起こしてしまう事で起こります。

さらにダニのアレルギーがあるように、繁殖しすぎると痒くなったりする事もあるそうです。

治りが遅い

一般的な皮脂詰まりのニキビに比べ、顔ダニが原因のニキビは治りが遅い傾向にあります。

治りが遅ければ絶対顔ダニのせいと断定はできませんが、いつもに比べて明らかに治りが遅い場合は皮膚科を受診した方がいいでしょう。

対策方法

誰の顔にもいる顔ダニですが、治りにくいニキビを作るのはムカつきますよね。

でも完全に消し去る事は難しいので、仲良く付き合い、悪さをしないように飼いならす必要があります。

洗顔、クレンジング

まずは肌を清潔に保つ基本、洗顔とクレンジングです。

落としきらなかった化粧は顔ダニのエサになるので注意します。

同じく洗顔をしっかりして肌を清潔に保ち、顔ダニの繁殖を防ぎます。

保湿

皮脂の過剰分泌は肌の乾燥が原因です。

スキンケア初心者の男性とかだと、乳液やクリームはベタベタして悪影響になりそうだと感じるかもしれませんが、乾燥対策はテカリやべた付きを抑える上で必須なので、洗顔後はしっかりケアしましょう。

メイク道具を綺麗にする

化粧品も顔ダニノのエサになってしまうので、直接肌に触れるブラシなどの道具を綺麗に保ちましょう。

定期的な買い替えも重要ですね。

生活習慣、食生活

免疫力の低下は顔ダニへの抵抗力を弱め、アレルギーも起きやすくなります。

一般的な体にいい事は肌にもいいので、睡眠・食事をしっかり摂り体の免疫力が落ちないように心がけましょう。

まとめ

増殖しすぎるとニキビや肌荒れの原因になってしまう顔ダニ。

今も自分の顔でムシャムシャと皮脂や角質を食べていると想像するとめちゃくちゃ気持ち悪いですが諦めましょう(笑)

大事なのは増やしすぎない事。

対策方法で書いた肌を清潔に、免疫力を落とさない事を意識し顔ダニと上手に生きていきましょう。

-ニキビ

Copyright© ビューティーポリッシュ , 2020 All Rights Reserved.