ニキビ

鼻の下ニキビは意外な習慣が原因かも!【実体験あり】

髭剃りはニキビの原因かも

鼻の下にニキビができやすい人は、なぜそこにできやすいか考えた事はありますか?

実はあなたの鼻の下にニキビができやすい理由は毎日何気なく行っている習慣が原因かもしれません。

この記事では以前同じように鼻の下のニキビに悩んだ筆者の経験談も含めながら、そこに出来る原因の可能性を皆さんに紹介します。

鼻の下にニキビができる原因

鼻の下、または口の上とも呼べるこの場所は、ニキビが出来やすい部位で私も中学から20歳くらいまでは頻繁に発生していました。

ニキビと一言で言っても、原因は年齢や性別、日常生活などの様々な要因が絡んでくるので「これが原因!」と断定するのは難しいのですが、鼻の下ニキビの発生要素として以下の3つが当てはまる場合があります。

  1. 鼻水をよくかむ
  2. 髭剃りでカミソリ負けする
  3. 化粧が落としきれていない

どうでしょう。鼻の下にニキビが発生しやすい人は当てはまっている要素がありませんか?

それぞれ解説していきます。

1、鼻水をよくかむ

これは花粉症や鼻炎持ちの人で、普通の人に比べて鼻水をかむ頻度が高い人は要注意です。

鼻水をかむ事とニキビがどう関係しているかというと、何回もティッシュを肌に擦り付けると当然摩擦が起き、肌に負担が掛かります。

肌への刺激や負担はニキビが発生しやすい原因になる上に、ティッシュが必要な皮脂もふき取って肌が乾燥しやすい状態になります。

肌が乾燥すると皮脂の分泌は促され、結果的に毛穴詰まり・ニキビの発生原因になっているかもしれません。

鼻水をかみすぎて鼻の下が赤くなった後にニキビができている人は、これが原因の可能性があります。

2、髭剃りでカミソリ負けをする

主に男性の悩みの種となる髭を剃った後のカミソリ負けから鼻の下のニキビが発生している可能性があります。

髭剃りをした後に皮膚が赤くなったり、チクチクやヒリヒリする事が多い人は皮膚が弱く、カミソリ負けをしている可能性があります。

髭剃りは皮膚を守る角質も削ぎ落し、肌が乾燥しやすくなる事がニキビの原因となる可能性があります。

3、化粧が落としきれてない

化粧はニキビの大敵!しっかりとクレンジングして寝ないとニキビのリスクが一気に高まります。

鼻の下は顔の中でクレンジングを怠りがちな部位と言われており、化粧品が落としきれていないのが原因でニキビになっているかもしれません。

当然ゴシゴシ擦りながらクレンジングするのは良くありませんが、鼻の下もしっかりと化粧を落とすように意識してみて下さい。

日常生活に潜むニキビの原因

鼻の下に出来るニキビの原因を3つ紹介してきましたが、もちろん食生活や睡眠時間、ストレスなども影響している可能性があります。

あくまで可能性の話ではありますが、ここで紹介した3つの原因要素は予防できるなら予防した方がリスクを下げる事はできるはずです。ここから先は鼻の下のニキビ対策について具体的な方法を紹介していきます。

鼻の下ニキビの対策方法

ここまで紹介した鼻の下ニキビの原因になっている可能性がある3つの要素。

  1. 鼻水
  2. 髭剃り
  3. 化粧

この原因に心当たりがある人はここから解説する対策方法を実践してみましょう。

1、マスク、薬の使用

これは鼻水のかみすぎな人へ効果的な対策。

花粉症や鼻炎の人でなくても全く鼻水をかまないという人はいないので、ティッシュの摩擦は全員が注意すべきです。

鼻水をかみすぎる事でニキビができている場合には以下の対策をしましょう。

  • マスクを付ける
  • 内服薬で事前に花粉症・鼻炎予防
  • 柔らかいティッシュを使う

マスクや事前に鼻水を防ぐ内服薬を病院や市販の物で準備しておく事で鼻をかむ頻度を減らします。

その他にも鼻セレブなどの柔らかく、肌に負担の少ないティッシュを使用するのも摩擦を減らしてニキビ対策になります。鼻水のかみすぎは鼻の下もですが、鼻自体のニキビの原因にもなるかもしれないので注意しましょう。

2、髭剃りは肌の負担も考えて!

髭剃りへの対策以下の3つの対策方法がオススメです。

  • シェービングフォームを使う
  • 剃った後は保湿
  • カミソリより電動シェーバーが負担少

シェービングフォームの使用は髭を柔らかくして肌への負担を抑えます。

剃った後は角質が剥がれて乾燥しやすくなっているので、化粧水や乳液で保湿しましょう。

カミソリを使う場合は5枚刃の物がベター。余裕があれば電動シェーバーが肌に優しくてオススメです。

毛嚢炎に注意

実は髭剃り後の肌荒れはニキビではなく毛嚢炎(もうのうえん)かもしれません。毛嚢炎は皮膚の細かい傷から黄色ブドウ球菌などが入り込み、炎症を起こす事。

見た目はニキビと間違えやすいのですがニキビはアクネ菌、毛嚢炎は黄色ブドウ球菌で、原因菌の違いがあります。髭剃り後の赤くヒリヒリした状態からすぐにプクっとしたニキビっぽい物が出てきたら毛嚢炎の可能性があります。

そう。髭剃り後のデキモノはニキビではなく毛嚢炎の可能性があります。

私が長年悩まされた鼻の下の肌荒れがこの毛嚢炎だったらしく、髭剃りを5枚刃の物に替えて髭剃り後にクリームで保湿するようになってからできなくなりました。

もし毛嚢炎が出てしまった時は、薬局で買ったテラマイシン軟膏という塗り薬が私にはよく効きました。効果には個人差があると思うので参考までに。

3、クレンジングでしっかりOFF

化粧が落としきれていない場合の鼻の下ニキビはしっかりクレンジングして、洗顔、保湿を徹底するしかありません。

自分に合ったクレンジング選び、鼻の下の溝も落とし残しが無いように気を使いましょう。

間違っても化粧を落とさずに寝てしまう事がないようにして下さい。

まとめ:鼻の下ニキビを治す習慣

鼻の下にニキビができてしまう人はこの記事で紹介した3つの原因が当てはまっていないか確認してみて下さい。

私のような髭剃り後の毛嚢炎に悩んでいる人は実は結構多いんじゃないかな~と思います。私はずっとニキビだと思い込んでいた(笑)

鼻水をかんだり、何気ない髭剃りだったり、あまりニキビには関係がなさそうな毎日の行動も実はニキビの原因になっている可能性があるので、今一度自分の習慣がニキビの原因になっていないか振り返ってみましょう。

前に書いた通り、もちろんこの3つの原因以外にもホルモンバランスや食生活、睡眠などの様々な要素がニキビの原因になっているかもしれませんので、全ての原因を意識してニキビができにくい肌環境を作るように改善していきましょう。

-ニキビ

Copyright© ビューティーポリッシュ , 2020 All Rights Reserved.