ニキビ

日焼け止めでニキビ、肌荒れ対策をしよう!おすすめ商品は?

2019年8月14日

日焼けはニキビの原因

近年は女性だけではなく男性の間でも意識が高まっている日焼け対策。

日焼けを予防すると肌を白く保つだけではなく、ニキビや肌荒れといったトラブルを未然に防ぐ事にも繋がるメリットだらけの行為です。

もちろん体質や肌質によるのですが、毎年日焼け後にニキビや肌荒れに悩まされる人は紫外線が影響している可能性があります。

この記事では日焼けと肌トラブルの関係性や、私自身も日頃から意識しているUVケア方法、グッツを紹介します。

是非最後まで読み進めて頂き、今年の夏はスベスベな肌で終えれるように努めましょう!

日焼けはニキビ、肌荒れの原因

繰り返しになりますが日焼けはニキビや肌荒れといったトラブルに繋がる場合があります。

肌の保護機能が崩壊

そもそも日焼けは太陽からのダメージから体を守る為に、肌の浅い所でメラニン色素が紫外線を吸収して起こっています。

これがいわゆる肌のバリア機能

日焼け自体は人間の自衛行為のようなものであり、悪い事ではありません。

しかし、紫外線から体を守っている肌の保護組織も、働きっぱなしでは疲れてしまいます。

次第に肌のバリアが追い付かなくなり、悪影響が生じ始めてしまうのです。

それが日焼け後に、ニキビなどの肌荒れの原因になってしまっています。

角質、皮脂が増える

日焼けして皮膚の保護組織が傷つくと、肌は乾燥しやすくなります。

肌が乾燥していると、人間の体は新たなダメージから身を守ろうとして角質が溜まっていきます。

その結果、皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。

「ニキビや吹き出物の原因といえば皮脂」

これはニキビに悩む人ならみんな知ってますよね。

だから皮脂を増やす油っぽい食べ物などはニキビの原因になると言われます。ポテチとかまさにソレ!

特に顔は日焼けした後はテカテカしているイメージがないですか?

メモ

あのテカリはまさに日焼け後に乾燥した肌が角質を溜め込み、皮脂を分泌しまくっている状態と言えるでしょう。

その結果がニキビや肌荒れになってしまいます。

ニキビ対策にオススメ日焼け止め

日焼けがニキビの原因になるという話を進めて来ましたが、防ぐ為にはやはり効果的な日焼け止めの使用が必須になって来ます。

日焼け止めを使うと逆にニキビの元になりそうなイメージを持つ人もいますが、肌にあったものを使い、ちゃんと洗い流せば肌を守ってくれる強い味方です。

低刺激な商品を使おう

ニキビの原因となる日焼けから肌を守る大切なものは自分に合ったものを選びましょう。

最近では防腐剤や香料フリーといった低刺激な日焼け止めクリームが定番になっているので、やはりこういった肌に刺激が少ない商品がベターですね。

状況に合わせて使い分け

SPFやPA(UVカットのレベル)はレジャーや通勤通学のそれぞれのシーンでおすすめは異なります。

レジャーやスポーツなどの長時間紫外線を浴びる時は値が高い物を。

通勤通学などの一時的なシーンではSPF30程度の物を選びましょう。

クレンジングでしっかり洗い流そう

これは特に日焼け止めクリームを塗り慣れていない男性に注意して欲しいのですが、日焼け止めクリームは塗ったらお風呂でしっかり洗い流します。

ポイント

ウォータープルーフなどの汗や水に強いタイプは洗顔だけじゃなく、しっかりとクレンジングオイルで落としましょう。

慣れていないと手間に感じる人も多いと思うので、洗顔料だけで落とせるタイプの日焼け止めクリームがオススメです。

日焼け止めで肌荒れは治らない

最前提ですが、日焼け止めはニキビ薬ではないので、すでにニキビ肌の人が日焼け止めを使って改善するというものではありません。

あくまでもニキビ予防の一環なので、そこは覚えておきましょう。

まとめ

日焼けはご存知の通り、将来的にシミやくすみ、たるみなどの見た目年齢に悪影響を及ぼします。

大人はもちろん。青春真っ只中の少年、少女達も綺麗な肌で青春時代の思い出を築く為にニキビを未然に防ぐ日焼け対策を徹底しましょう。

「男子だから日焼け止めなんて関係ない」

そんな考えは時代遅れですよ?

この記事でお伝えした日焼けとニキビ、肌荒れの関係性をよく考え、素敵な夏を過ごして下さい。

-ニキビ

Copyright© ビューティーポリッシュ , 2020 All Rights Reserved.