睡眠

【3ステップ】熱帯夜に良質な睡眠を得るためのエアコン活用術

エアコンと睡眠の関係

睡眠は食事と並んで人間の生命維持に欠かせない重要な役割を担っています。

そんな大事な睡眠が一番浅くなりやすいのが夏。

夜でも25℃を超える熱帯夜のイライラは誰もが一度は経験した事があるはずです。

この記事では暑くて寝付けない、夜中に起きてしまう場合の対処法としてオススメなエアコンの使い方を紹介します。

快適な睡眠を得るエアコン活用術

快適な睡眠を得るエアコン術

エアコンを適切に活用すると、熱帯夜でも快適な睡眠を得ることができます。

  • エアコンつけて寝ると朝起きてダルさを感じる
  • 夜中に寒くなって起きてしまう

このように感じるエアコンの使い方をしている方は是非参考にしてみてください。

エアコンの設定

睡眠時のエアコンで気を付けたいポイントは3つ。

3ステップに分けてエアコンの設定温度やタイマーを解説します。

step
1
就寝前までは25℃くらいの冷房

日中の日差しで家具などが温まっていたり、家電製品からの発熱もあるので、寝る45〜60分前には室温を25℃くらいまで下げておきます。

部屋着やパジャマ、使う寝具の種類などによって快適な睡眠に必要な室温は左右されますが、ここでは夏用パジャマにタオルケット1枚使用していると想定します。

step
2
28℃くらいに設定して就寝

28℃といえば一般的な冷房の設定温度としては高い印象ですが、就寝時はこのくらいが適しているといえます。

夏場に快適な睡眠を取るには25℃〜28℃ほどの室温が適していると言われています。

個人的には25℃は寝るには冷えすぎるので28℃がオススメ。ここは個人差ありですね。

風量は自動か微風がいいでしょう。

step
3
起床1時間前くらいに停止するようにタイマー設定

寝ている時、エアコンを付けっぱなしの方がいいのかという疑問点もありますが、もし朝起きてダルさを感じる事があるなら付けっぱなしはやめた方がいいかもしれません。(理由は後述)

オススメの方法としては6時に起床すると想定して、4時30分〜5時頃に冷房が切れるようにタイマーをセットします。

就寝時間にもよりますが、12時頃に就寝と想定すると割とスッキリ起きれると思います。

睡眠と室温の関係

室温と睡眠の関係

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠には浅い眠りのレム睡眠深い眠りのノンレム睡眠がある事はご存知だと思います。

一定周期でレム、ノンレムが繰り返されていますが、体や脳の休息に大切なノンレム睡眠は睡眠時間の前半部分に多いと言われています。

つまり眠りについてからの3〜4時間の間の睡眠は特に重要視するべきという事です。

この間はエアコンで室温を適切に保ち、睡眠の質を向上させる必要があります。

起床前にタイマーセットする必要性

先述したステップ3のタイマーを使って切る話ですが、もしエアコンつけっ放しで寝て、朝起きた際にダルさや寒さを感じなければ特に気にする必要はないかと思います。

朝起きてダルく感じる原因は実はまだハッキリと分かっていないそうです。

ただ有力なのが「冷えすぎ説」

人間は睡眠中は体温が下がり、特に朝方が最も体温が低くなります。

そのタイミングでも変わらずにエアコンが部屋を冷まし続けると、起きている時には感じないダルさなどに襲われると言われています。

なので体温が下がった所に冷風がクリティカルヒットしないように明け方はエアコンを切ったり、除湿運転に切り替えるなどすると目覚めが良いそうです。

もし冷えてしまったら?

エアコンのせいで起床時にダルさを感じたら、熱めのシャワーを浴びると体が温められてスッキリします。

まとめ

睡眠の前半は適度な室温に保つためにエアコンを使用。起きる1時間前くらいに切るか、除湿運転に切り替えると寝起きのダルさを感じなくなる期待あり。

近年の夏は日本全国どこにいても暑いですし、生命維持装置なんて呼ばれています。

暑い夜は寝つきが悪くなるだけではなく、寝苦しさから睡眠の質が下がり、疲れが抜けなかったり慢性的な睡眠不足が続き「睡眠負債」へ繋がりかねません。

近年は節電が呼びかけられていますが、日中帯の死にそうになる暑さだけでなく、寝苦しい夜も適切なエアコン使用をして熱中症と睡眠不足を予防しましょう。

-睡眠

Copyright© ビューティーポリッシュ , 2020 All Rights Reserved.