睡眠

睡眠中の扇風機つけっぱなしに注意!体の不調の原因になるかも!

扇風機と睡眠の付き合い方

蒸し暑い夏の夜を過ごす時皆さんはどんな涼み方をしますか?

エアコンを使ったりアイスノンを使ったり、扇風機を回しっぱなしにする人など様々な方法があると思います。

ここで注意したいのが扇風機の使い方!

暑いからといって扇風機の風を浴び続けながら寝ていると、睡眠の質が下がったり、体の不調を招いてしまう可能性があります。

ちなみに扇風機だけではなく、睡眠時のエアコンの使用方法も注意点があるので参照して下さい。

エアコンと睡眠の関係
【3ステップ】熱帯夜に良質な睡眠を得るためのエアコン活用術

睡眠は食事と並んで人間の生命維持に欠かせない重要な役割を担っています。 そんな大事な睡眠が一番浅くなりやすいのが夏。 夜でも25℃を超える熱帯夜のイライラは誰もが一度は経験した事があるはずです。 この ...

続きを見る

では具体的に寝ている時、扇風機の風を浴びっぱなしだとどうなるのか説明します。

扇風機の風を睡眠中に浴び続けるとどうなる?

睡眠 扇風機

「エアコンは電気代が気になるし」という方はやはり扇風機に頼りがちです。

ただ睡眠中に扇風機をつけっ放しにすると、朝起きた時に体の不調を感じる事はありませんか?

  • 筋肉のこり
  • 鼻づまり、風邪
  • 頭痛
  • ドライアイ

このような症状に心当たりがあるとすれば、扇風機が原因になっている可能性があります。

なぜこのような症状が出る場合があるのか、順を追って解説します。

筋肉のこり

扇風機の風と筋肉のこりなんて全然関係なさそうな気がしますが、実はちゃんと関係があります。

風を直接肌に当てている人は特に当てはまりやすく、扇風機からでる冷風を部分的に受けていると、筋肉が冷えてしまって血流の悪化も招きます。

緊張・痙攣の原因にもなり、筋肉がこわばった状態に。

暑い夜は「冷える」と言われてもピンと来ないかもしれませんが、扇風機の風でも体を冷やしすぎてしまう力を持っています。

鼻づまり、風邪

これは私も扇風機つけっぱなし睡眠でよく感じていた症状。

扇風機の風は部屋・寝具に溜まっているホコリや花粉が舞い上がりやすく、吸い込みやすくなってしまいます。

更に風がダイレクトに鼻腔や喉に当たっていると乾燥しやすくなって鼻づまりや風邪をひきやすくなります。

寝ている時に無意識に口呼吸になっているような人は口から花粉もホコリもダニも吸い込み放題です!

これに関しては部屋・寝具を清潔に保つ事も重要なポイントです。

頭痛

冷風を直接浴び続けると水分を多く失う傾向になると言われています。

寝ている時はたくさん汗をかくと言われていますが、蒸発しやすくなり睡眠中の水分不足に繋がることもあるそうです。

もし扇風機をつけたまま寝て朝起きたら頭が痛かったらコレかもしれません。

ドライアイ

ドライアイはあまり当てはまる人はいないかもしれませんが、半目で寝てしまう人は風が眼球に当たり続けてドライアイになってしまう可能性があります。

寝ている時の自分の目は人に指摘されないと分かりませんが、朝起きたら目が乾いている人は寝ながら開眼してるかもしれませんね。

寝ているときに使う際のポイント

睡眠中に扇風機を使うポイント

扇風機をつけっ放しで寝ると様々な体の不調に繋がると書いてきましたが、暑苦しい夜は扇風機無しでは寝られない人も多いはずです。

先述した4つの不調を避ける為、睡眠時の扇風機使用ポイントを紹介します。

体から離す

至近距離で風を浴び続けると、やはり症状が出やすくなってしまいます。

しかもで回している人は注意が必要です。

睡眠中は冷やしすぎを予防する為にもで使いましょう。

首振り機能を使う

一点固定するよりはある程度体から離して首振りを使うと、一点に風が集中せず、全身に満遍なく冷風を当てます。

涼を求めて一点集中させたい気持ちも分かりますが、ある程度距離を置いて首振りがオススメです!

風を直接当てない

扇風機を空気を循環させる手段として利用し、風を直接体に当てない使い方も有効です。

体感の涼しさは軽減しますが、空気を循環させるだけでも寝苦しさが改善するかもしれません。

ただ、部屋のホコリや花粉は舞い上がるので、部屋は綺麗に保ちましょう。

エアコンと扇風機どちらが体に悪い?

エアコンをつけっぱなしで寝ると、体に悪いイメージがありますが果たして扇風機とどちらが悪影響を及ぼすのでしょうか。

結論:どっちも直接風が当たるのは注意

体を気遣って扇風機派を貫いてきた人もいるでしょうが、ここまで解説してきた通り扇風機の冷風も体に当て続けるのはNGです。

同じくエアコンの冷風もダイレクトに体に当たるのは冷やしすぎの原因になり、冷房病を誘発します。

ベッドがエアコンの真下にある人なんかは間取りに余裕があれば模様替えをして直接風が当たらない場所で睡眠するように心がけましょう。

気流を使って部屋を冷やす

扇風機もエアコンも睡眠時は特に直接風に当たらないように気流で部屋を冷やすイメージで活用します。

電気代を気にしないのであればエアコンの冷気を部屋中に循環させるような扇風機とエアコンの併用が最適です。

夏の睡眠時の最適な室温は25℃〜28℃と言われているので、この室温を目指して上手に冷房も活用しましょう。

ちなみに、ホコリや花粉に関してはエアコンも風が出るので、やはり部屋の綺麗さに依存します。

まとめ

扇風機を睡眠中に回し続けた際の思わぬ危険性を紹介しました。

エアコンよりも体に害が無いイメージが強い扇風機ですが、体を冷やしたり喉や鼻を乾燥させる原因になるので注意しましょう。

もしエアコンに抵抗があるなら、除湿モードで湿度を下げるだけでも体感温度は変わるので扇風機だけではなくエアコンも適度に活用して書いてきな睡眠を手に入れてください。

-睡眠

Copyright© ビューティーポリッシュ , 2020 All Rights Reserved.