デオドラント

ヒートテックでワキガ臭が気になる人が知っておくべき原因と対策

薄手なのに着ているだけで暖かさを感じる事ができるヒートテックは、寒い季節に重宝するアイテムです。

しかし、ワキガの人にとってはそんなアイテムがニオイの原因になってしまっている可能性があることをご存知でしょうか。

ヒートテックに限った話ではなく、意外と見落としがちなワキガ臭を強めてしまう衣類の素材との関係性を知り、しっかりと原因を知っておきましょう。

ワキガならヒートテックは避けるべき?

日常的にワキガのニオイが気になる人はヒートテックのインナーを避けた方がいいののでしょうか。

脇臭が強くなる可能性がある

結論から書くと、ヒートテックを着る事によって、脇臭(ワキガ)が強くなったように感じる可能性はあります。

ワキガと言っても、一人一人匂いの強さなどの差もありますし、一概に決めつける事はできませんが、ヒートテックを着ている時にワキガ臭が気になると実感する人は少なくないはずです。

ワキガじゃない人でも、ヒートテックを着ている時は普段よりも汗臭さを感じる時はありませんか?

理由

【化学繊維】

もしヒートテックを着ていて「あれ?いつもより臭う気がするな」と感じた場合、それはヒートテックの素材である化学繊維が影響していると考えられます。

化学繊維を使った肌着はヒートテック以外にもたくさん売られており、ポリエステルやアクリルなどが代表格です。

化学繊維が多く使われている肌着やインナーは天然繊維の肌着に比べると、吸湿性が劣る物が多く、脇汗をかいても乾きにくくなってしまう傾向にあります。

アポクリン汗腺から出る汗は、湿ったままにしておくと菌が繁殖して独特なワキガ臭を発します。

【暑くなって汗が多くなる】

ヒートテックは「発熱」「保温」性能に優れた肌着で、冬に重宝する暖かさが魅力です。

でも冬の寒い日でも、ヒートテックの恩恵を受けるのって朝家を出てからの少しくらいの短時間しかないという人も多いはずです。

学校や会社に行けば空調が効いていて、そこまで暖かさを求めませんし、逆に暑すぎて汗をかいてしまう事も・・・。

そうなった時にワキガ臭が強くなったり、汗臭くなってしまう原因になっていると考えられます。もちろん寒がりだったり、過ごす環境もそれぞれ違うので、全ての人に当てはまる話ではありませんが。

この2つが主にヒートテックを着ていてワキガ臭が気になる時に原因になっている点なのですが、ここからは1つ目のヒートテックの素材とワキガの関係について掘り下げながら書いていきます。

ヒートテックの素材とワキガ臭の関係

UNIQLOの公式サイトでヒートテックウルトラウォームクルーネックT(9分袖・超極暖)の素材を見ると、以下のような素材が使われています。

【素材】アクリル47% ポリエステル26% レーヨン20% ポリウレタン7%

  • アクリル
  • ポリエステル
  • レーヨン
  • ポリウレタン

このようにヒートテックの素材は化学繊維が使われている事が分かります。

アクリルの特性

ヒートテックの約半分を占めるアクリルは誰もが聞いた事がある素材だと思いますが、保温性に長けているのが特徴です。

保温性の面では天然繊維のウールと似たような性質があり、やはりヒートテック特有の暖かさを確保するには欠かせません。

ウール100%の衣類が割高なのに比べ、ヒートテックはかなり安く暖かさを手に入れる事ができますが、これはアクリルの保温性が活躍していると言えるでしょう。

しかし、吸水・吸湿性が悪く、汗を吸わないという弱点もあります。

脇汗をそのままにしておくのはワキガ臭の原因になるので、やはり吸水性は体臭対策にとって重要です。

ヒートテックは「ムレにくさ」もウリですが、汗を吸いにくい性質はワキガに対してマイナスポイントといえます。

ちなにみポリエステルやレーヨンも吸水性は弱点と言われているのでやはりウールなどの天然繊維には劣るでしょう。

ワキガ臭を抑えつつヒートテックを着る方法

ここまでヒートテックがワキガに対してマイナスなポイントが多いという事を書いてきましたが、ヒートテックは素晴らしい商品です。

ユニクロの公式サイトを見れば分かる通り、ユーザーの評価もめちゃくちゃ高く、ヒートテックで得られる暖かさは一度着ると手放せなくなる人も多いと思います。

なによりも財布に優しい値段設定が本当に最高です。

でもワキガの人が敬遠するのはもったいないですよね。ここまで書いといてなんですが・・・。

でも脇汗対策の一工夫をするだけで、ワキガのニオイを防ぎつつ暖かさを得る事ができます。

脇汗パッドを使う

ヒートテックの吸水性や速乾性の弱点は汗ワキパッドである程度カバーする事ができます。

使い捨てする事で清潔に保つ事ができますし、ニオイが充満する前に取り替えるなどの対策が取りやすくなります。

そこにワキガに効果的なデオドラントクリームなどを使う事である程度はワキガ臭を緩和できるはずです。

こまめな着替え

ヒートテックに限らずですが、汗をかいたらこまめに着替えるのもワキガ対策につながります。

汗をかいた自覚がなくても、人間の体は結構汗をかいているものです。

ワキガの原因であるアポクリン汗腺はストレスを感じた時に発汗されやすいという性質もあるので、緊張するような場面で結構汗が出てしまいます。

着替えを持ち歩いて昼休みに着替えるなどの一工夫で暖かさと匂い対策の両立が可能です。

もしヒートテックを着ていても全然気にならないという人はもちろんそのままでもいいと思いますが、もしヒートテックを着ている時のワキガ臭や体臭が気になるという人は、めんどくさがらずに一手間を今日から初めてみましょう。

-デオドラント

Copyright© ビューティーポリッシュ , 2020 All Rights Reserved.