デオドラント

ワキガ臭にはウール素材の服を選ぼう!ウールがもたらす意外な効果

ワキガ対策にはウール素材がおすすめ
ワキガの臭いが気になるけど、ウールの服は臭いにくいって本当?

このように、ウール素材の服はワキガに臭いをある程度対策できるという噂を耳にしたことがあるでしょうか。

ウールはワキガの臭い対策に大きな効果を期待することができる素材です。
この記事では、ウールという素材がなぜワキガ対策をする上で効果的な素材であるのか、その理由を掘り下げつつ、おすすめなウール素材のインナーも紹介していきます。

ワキガの人がウール素材の衣類を着るべき理由

普段あまり自分が着ている衣類の素材を気にしていない人は、是非一度着ている服、特に肌着の素材をチェックしてみてください。

実際のところ、衣類の素材はワキガを含め、体臭と大きな関わりを持っています。もし、今現在ワキガであったり、自分の体臭で悩んでいるという方は普段着ている衣類の素材が臭いやすい素材なのかもしれません。

肌着・インナーの素材を見直すことで、ワキガ臭が感じにくくなる可能性も十分にありますので、意識してみてください。

ワキガの人がウール素材の衣類を着るべき理由は、

天然素材特有の高い吸湿性と速乾性

にあります。

詳しく解説します。

化学繊維はニオイやすい

ウール素材の衣類がワキガ臭の予防に効果的と言われる理由に、化学繊維がワキガ臭の発生原因になりやすいという点があります。

衣類はポリエステルなどの化学繊維や、ウールやコットンなどの天然繊維が使われていますが、その割合がポイントです。

ポイント

一般的に、ポリエステルなどの化学繊維の割合が高いとワキガや汗臭さが強くなりやすいと言われており、逆にウールなどの天然繊維はワキガ臭や汗臭さを抑えるとされています。

その理由は吸湿性や速乾性の違いにあり、脇にかいた汗を吸いにくく、乾きにくい化学繊維に比べ、ウールやコットンは汗を素早く吸収し、乾かすのも早い点がニオイを抑えるポイントです。

吸湿性と脇臭の関係

脇臭(ワキガ)に限らず、汗をかくと臭うのは、汗に含まれるタンパク質などの不純物が菌と混ざることが原因です。

ワキガの人はアポクリン汗腺から出る汗によって、あの独特な臭いを放つわけですが、汗を衣類が吸収せず、脇の下が湿ったままになっていると菌が繁殖しまくり、どんどん臭いを発生させてしまいます。

そんな臭いの原因を吸湿性、速乾性に優れたウール素材の衣類を着ることによってある程度は防ぐことができるというワケです。

もちろんワキガの根本的な解決になる訳ではありませんが、着る物で少しでも臭いが軽減されるとしたら嬉しいですよね。

もしワキガに悩んでいる方で、ポリエステルなどの化学繊維インナーを着る機会が多いという人はウールやコットン素材のインナーを試してみることをおすすめします。

ワキガにおすすめのウール素材インナー

化学繊維よりも吸湿性や速乾性に優れていることから、ワキガの対策として効果が期待できるウールですが、実際におすすめの商品をメンズ・レディース別にいくつか紹介します。

アウターやトップスをウール素材で探すのはデザインなども限られてくると思うので、そこまでは神経質にならずに、肌着(インナー)を意識して見るのがオススメです。

メンズ用

同じく天然素材のコットン繊維インナー

レディース用

ここで紹介した商品はあくまで一例であり、ウールやコットン100%と書かれていれば基本的にどれでも構いません。
デザインの好みも大きいと思いますし、ショッピングサイトの検索窓でウールやコットンを指定して検索してみることをおすすめします。

防臭加工の化学繊維商品は?

ここで気になるのが「消臭」「防臭」などをウリにしている化学繊維素材のインナーです。

ああいった商品も臭いにくい加工はされているのでしょうが、表面上の加工は洗濯や摩擦で剥がれ落ち、結局普通の化学繊維素材になってしまうので、ワキガが気になる方は最初から天然素材のインナーを買って着ていた方がいいかと思います。もちろんワキガじゃなくても一般的な体臭対策としても有効です。

ウールなどの天然素材の商品は結構割高な物が多いですが、ワキガ臭の変化を確かめるためにも1枚は持っておいても損はしないはずです。

それと、あくまで好みの問題かもしれませんが、一度天然素材の肌着に慣れるとポリエステル製の肌着は違和感がすごくて着れなると思いますよ。
是非1度お試しあれ!

そもそもウールとは?

ここまでウールはワキガに人におすすめな素材であると書いてきましたが、そもそもウールってどんな素材か知っているでしょうか。

ウールと聞くとなんとなく暖かそうで、冬場に活躍しそうなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、ワキガが気になる夏場でも着れる優れた素材です。

羊毛から取れる自然繊維

ウールとは羊の毛(主にメリノ種)を使った動物繊維の事を指しています。

日本ではほぼ10割のウールが輸入された素材と言われており、動物繊維としてはとても多くの衣類に使用されている繊維です。

ちなみに聞き馴染みがある動物繊維としてはカシミアヤギから取れる「カシミア」などの高級素材もあります。

熱伝導率が低い

つまり冬は暖かい。夏は涼しい。

そんな素晴らしいものです。
羊の毛は暖かそうなイメージがあるので、冬に保温効果はありそうなイメージがありますが、夏に涼しく感じるのには訳があります。

ウールは吸水性に優れている為、空気中の湿気や、汗で湿った肌から水分を吸い上げます。
その際、蒸発する際に気化熱を奪い、体感では涼しく感じる事ができる仕組みです。

冬はもちろん、湿気が多くてジメジメしがちな夏にもぴったりなウールという素材。
ワキガの人にとっては汗も吸うし、涼しさを感じる事で汗もかきにくくなるという優れもの。

着心地もよく、臭い対策にも優れているウールという素材をみなさんも是非試してみてください。

-デオドラント
-

Copyright© ビューティーポリッシュ , 2020 All Rights Reserved.